コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鍼灸/針灸 シンキュウ

3件 の用語解説(鍼灸/針灸の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しん‐きゅう〔‐キウ〕【××灸/針×灸】

はりきゅう。漢方で、治療のためにはりを打ったり灸をすえたりすること。「鍼灸術」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しんきゅう【鍼灸 zhēn jiǔ】

鍼灸とは鍼と灸の総称である。針灸とも書く。中国で発達した物理療法で,体表に金属針を刺す(鍼をうつ)か,もぐさを置いて火をつける(灸をすえる)という刺激を加えることによって病気を治療する。種々の手法が存在したらしいが,もっとも普通に用いられてきたのは,経穴(俗につぼという)という体表の特定の部位を刺激して,多くの場合そこから離れた部位にある病変を治癒させるものである。鍼灸の治療理論になっている経脈(けいみやく)説は,人体には経脈という脈管があり,そのなかを気が循環して生理機能をつかさどっているというもので,その基礎は漢代に成立したと考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しんきゅう【鍼灸】

はりを打ったり灸を据えたりする治療法。はりときゅう。 「 -術」 「 -院」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鍼灸/針灸の言及

【医学】より

…漢方医たちは組織をつくって,漢方医学によっても医師になる道を法律的に開かせるべく運動をつづけるが,95年第8議会で法案が否決されて最後の希望を断たれた。以後,鍼灸(しんきゆう)は医療類似行為という名称で法律的に認められて存続してきたが,漢方医学は異端とされ,一部の研究者の興味と民間における関心とに支えられて今日にいたっている。しかし1970年ころから世界的な伝統再評価の波にのって関心が集まりつつある。…

【医療】より

…たとえば,美容上の目的をもって行われる手術,避妊処置,人工妊娠中絶,人工受精,体外受精,性転換手術や性ホルモン注射療法などは,病気の回復を目的とはしないが,それらを実施するのに最も安全で確実な技術を提供できると期待されるし,また施設・器材も病気の医療のためのものと共用できることなどから,医師にそれらの行為を限定し,医療の定義のなかに入れられる。しかしながら,鍼灸(しんきゆう),あんま,マッサージ,指圧,柔道整復などは,医師が直接行わないという理由で,法的には医療類似行為と規定されている。
【医療の基盤】
 集団的生活を営むことを特徴とする人間は,その身体的な機能の障害がみずからの能力で対処できないと感じたとき,他からの援助を期待し,また周辺の他者は彼または彼女を援助しようとする。…

【中国医学】より

…また現在の基礎医学とは違って,人体の生理・病理現象を,むしろ哲学的な観点から論じた理論医学の体系が存在する。そのほかに中国医学独特の分野としては鍼灸(しんきゆう)があり,薬物についての知識は本草(ほんぞう)(本草学)という分野で蓄積された。錬金術の一種ともいえる練丹術以外には近代科学に見られるような実験はほとんど試みられなかった。…

【はり(鍼)】より

…以後,明治初年まで鍼治療は日本で広く行われてきたが,1883年に〈医師免許規則〉が公布されるにおよんで,制度上,排除されることとなった。その後,1912年,内務省令〈鍼術,灸術,取締規則〉が公布され,鍼灸(しんきゆう)業は免許制となり,第2次大戦後,占領軍によって一時禁止されたが,47年,〈あん摩師,はり師及び柔道整復等営業法〉によって,医療類似行為として,免許制となっている。この法律はその後2度改正され,70年には〈柔道整復師法〉の独立により,〈あん摩マッサージ指圧師,はり師,きゅう師等に関する法律〉と改正された。…

※「鍼灸/針灸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鍼灸/針灸の関連キーワードエスケープキー燕楽矮鶏論弁青い亜米利加アシダイトグラニトファイア菅沼周桂

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone