コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山の芋/薯蕷 ヤマノイモ

1件 の用語解説(山の芋/薯蕷の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

やま‐の‐いも【山の芋/薯蕷】

ヤマノイモ科の蔓性(つるせい)の多年草。山野に自生。芋は円柱形でナガイモより細く、長さ1メートルにもなる。葉は先がとがり、基部が心臓形で、対生する。雌雄異株。夏、葉の付け根に花をつけ、雄花穂は直立し、雌花穂は垂れ下がる。実は3枚の翼をもつ。葉のわきにむかごができ、地面に落ちて増える。芋は粘りが強く、とろろや芋がゆにし、漢方では山薬(さんやく)・薯蕷(しょよ)といい滋養強壮薬とする。ヤマノイモ科単子葉植物は熱帯から暖帯にかけ750種が分布し、ナガイモトコロなども含まれる。じねんじょ。じねんじょう。やまいも。 秋》

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山の芋/薯蕷の関連キーワード黄金葛蘿藦何首烏芋苦何首烏塊芋大鴎蔓火焔草捏ね芋長芋野小豆

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone