山の芋/薯蕷(読み)ヤマノイモ

デジタル大辞泉の解説

やま‐の‐いも【山の芋/薯蕷】

ヤマノイモ科の蔓性(つるせい)の多年草。山野に自生。は円柱形でナガイモより細く、長さ1メートルにもなる。葉は先がとがり、基部が心臓形で、対生する。雌雄異株。夏、葉の付け根に花をつけ、雄花穂は直立し、雌花穂は垂れ下がる。実は3枚の翼をもつ。葉のわきにむかごができ、地面に落ちて増える。芋は粘りが強く、とろろや芋がゆにし、漢方では山薬(さんやく)・薯蕷(しょよ)といい滋養強壮薬とする。ヤマノイモ科単子葉植物は熱帯から暖帯にかけ750種が分布し、ナガイモトコロなども含まれる。じねんじょ。じねんじょう。やまいも。 秋》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android