半藤一利(読み)はんどう かずとし

  • 半藤一利 はんどう-かずとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1930- 昭和後期-平成時代のジャーナリスト,ノンフィクション作家。
昭和5年5月21日生まれ。昭和28年文芸春秋社にはいり,出版局長,専務取締役などをつとめる。その間太平洋戦争を研究し,「日本海軍を動かした人びと」「聖断」「昭和史の家」などを発表。平成5年エッセイ「漱石先生ぞな,もし」で新田次郎文学賞。10年「ノモンハンの夏」で山本七平賞。18年「昭和史」で毎日出版文化賞。東京出身。東大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

知恵蔵miniの解説

ジャーナリスト、ノンフィクション作家。1930年、東京都生まれ。東京大卒業後、53年に文藝春秋新社(現・文藝春秋)に入社し、編集者を務めながら日本の戦史研究を始める。65年、太平洋戦争終結を決定した45年8月15日正午までの24時間を描いた『日本のいちばん長い日 運命の八月十五日』を大宅壮一名義で刊行し、ベストセラーとなる。同社で週刊誌「週刊文春」や月刊誌「文藝春秋」の編集長、専務取締役などを歴任し、95年に退社後、作家として本格的に執筆活動を開始。98年に『ノモンハンの夏』で山本七平賞を、2006年に『昭和史 1926-1945』で毎日出版文化賞特別賞をそれぞれ受賞したほか、15年には菊池寛賞を受賞した。21年1月12日、死去。享年90。

(2021-1-14)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

半藤一利の関連情報