コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖断 セイダン

デジタル大辞泉の解説

せい‐だん【聖断】

天子が下す判断や決定。聖裁。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せいだん【聖断】

天子の裁断。 「 -が下る」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の聖断の言及

【御前会議】より

…これらの御前会議には,大本営政府連絡会議や閣議で実質討議がおこなわれた案件がかけられた。天皇は直接に意志を表明することを避けたが,これは,天皇の権威を背景としての最終的国策決定(聖断)であると同時に,天皇の政治的責任をあいまいにするはたらきをもっていた。44年8月5日に設置された最高戦争指導会議の場合も,重要案件の審議には天皇が臨席したが,ポツダム宣言受諾決定のおりのように,出席者の意見が分裂し天皇が裁断をくだすような事態は異例なことであった。…

※「聖断」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

聖断の関連情報