コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南燭 シャシャンボ

デジタル大辞泉の解説

しゃしゃんぼ【南燭】

ツツジ科の常緑小高木。初夏、壺形の白色の小花を総状につける。果実は球形で小さく、黒紫色に熟し、食用。わくらは。さしぶ。ささんぼう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゃしゃんぼ【南燭】

ツツジ科の常緑低木または小高木。西日本の山地に多い。葉は卵形で革質。初夏、葉腋に長鐘形の白花を総状につける。果実は黒熟する液果で、甘酸っぱく、食べられる。ササンボ。ワクラハ。古名サシブ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

南燭の関連キーワード佐之夫及歧左斯夫能樹ツツジ科佐世乃木左之夫烏草樹佐斯夫綴る

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android