コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南米日系人労働者 なんべいにっけいじんろうどうしゃ

1件 の用語解説(南米日系人労働者の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南米日系人労働者
なんべいにっけいじんろうどうしゃ

1990年6月に施行された「出入国管理及び難民認定法」 (入管法) 改正によって,不法入国者の就業に対しては,雇用主などにも適用される不法就業助長罪が創設された。これに伴い,合法的に賃金の安い外国人労働者を雇用する方法として,滞在資格をもつ日系2世,3世の雇用が活発化した。特に,過去多くの日本人が移民した南米からの2世らが日本での雇用機会を求めて大量に入国した。外務省によれば,1991年には約 15万人に上っている。しかし急激な南米日系人労働者の増加により,住宅,子供の教育など,地域での社会問題も生じている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

南米日系人労働者の関連キーワード印僑海部俊樹内閣ドイツ統一女性労働中国脅威論牧瀬里穂田中里衣悪魔くん花卉園芸客船

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone