南良和(読み)みなみ よしかず

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南良和 みなみ-よしかず

1935- 昭和後期-平成時代の写真家。
昭和10年10月8日生まれ。中学生のとき写真をはじめる。昭和30年ごろから生地埼玉県秩父の子供や若者,山村風景などをテーマに撮影をつづける。長瀞(ながとろ)町で写真館を経営するかたわら,写真集「秩父」「秩父困民党紀行」「秩父―峠・村・家」「黄土高原 麦と窰洞(ヤオトン)の人々」などを発表。東京綜合写真専門学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android