コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南良和 みなみ よしかず

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南良和 みなみ-よしかず

1935- 昭和後期-平成時代の写真家。
昭和10年10月8日生まれ。中学生のとき写真をはじめる。昭和30年ごろから生地埼玉県秩父の子供や若者,山村風景などをテーマに撮影をつづける。長瀞(ながとろ)町で写真館を経営するかたわら,写真集「秩父」「秩父困民党紀行」「秩父―峠・村・家」「黄土高原 麦と窰洞(ヤオトン)の人々」などを発表。東京綜合写真専門学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

南良和の関連キーワード土門拳賞昭和

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android