コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南足柄[市] みなみあしがら

百科事典マイペディアの解説

南足柄[市]【みなみあしがら】

神奈川県西部の市。1972年市制。箱根外輪山の北東麓と狩川の沖積地を占める。山麓地下水が豊富で,昭和初期にフィルム工場が立地して以来,関連工場の立地と宅地化が進んだ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みなみあしがら【南足柄[市]】

神奈川県西端の市。1972年南足柄町,岡本村などが合体,市制。人口4万3596(1995)。箱根外輪山の東斜面と,そこから流出する内川,狩川の流域,および酒匂(さかわ)川の沖積地を市域とする。中心集落の関本は狩川の谷口集落で,古代東海道の足柄峠越えの駅家(うまや)とされ,近世には東海道の脇往還矢倉沢往還の宿駅であった。1934年狩川の南側に豊富な地下水と農村の余剰労働力を利用する富士写真フイルムの工場が設立され,以後関連工場が立地した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

南足柄[市]の関連キーワード最乗寺

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android