コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩川 かりかわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

狩川
かりかわ

山形県北西部,庄内町南部旧立川町の中心集落。「かりがわ」ともいう。出羽山地から庄内平野に移る最上川左岸にある。かつて最上川から上ってきた羽黒山登山者の基地。 1914年陸羽西線が開通してからは庄内米の東部の集散地となった。狩川城址は公園となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

狩川
かりかわ

山形県北西部、東田川郡庄内(しょうない)町の中心地。旧狩川町。古くから庄内と内陸を結ぶ交通の要地。近世初頭に北楯大堰(きただておおぜき)を開削した北楯大学利長(としなが)の墓(県史跡)がある。また、旧立川町庁舎の建物を利用した歴史民俗資料館がある。JR陸羽(りくう)西線狩川駅があり、国道47号と345号が交差する。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の狩川の言及

【酒匂川】より

…幹川流路延長46km,全流域面積582km2。足柄平野の北端では丹沢山地から流出する川音(かわと)川を合わせ,平野の南端部では箱根外輪山から流出する狩川を合わせる。上流部は急傾斜で,多量の土砂を流出し,下流部の足柄平野では古来洪水に見まわれることが多かった。…

【立川[町]】より

…最上川が庄内平野に出る地点に位置し,南端の月山より北流して最上川に注ぐ立谷沢(たちやざわ)川の流域を占める。中心集落の狩川は,西境の羽黒山登山の基地で,陸羽西線,国道47号線が走る。北西部の庄内平野地区は米作を主とする農村地帯であるが,南部の山間地は豪雪地帯で人口流出が続き,出稼ぎ者も多い。…

※「狩川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

狩川の関連キーワード山形県東田川郡庄内町狩川北海道虻田郡真狩村真狩庄内町歴史民俗資料館立川(山形県)新十津川[町]南足柄[市]浦臼[町]上川[町]庄内(町)新十津川町荒(新)巻砂川[市]立川[町]石狩[市]聖台貯水池当別[町]当麻[町]神居古潭金山ダム朱鞠内湖

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

狩川の関連情報