コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南部利視(読み)なんぶ としみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南部利視 なんぶ-としみ

1708-1752 江戸時代中期の大名。
宝永5年4月26日生まれ。南部信恩(のぶおき)の3男。叔父南部利幹(としもと)の養子となり,享保(きょうほう)10年陸奥(むつ)盛岡藩主南部家8代。領内統治機構の簡素化,新田開発などをおこない,藩政のたてなおしにつとめた。俳諧(はいかい)にすぐれた。宝暦2年3月28日死去。45歳。著作に「壺雲亭(こうんてい)句集」「のみくいろん」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android