コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南部義籌 なんぶ よしかず

2件 の用語解説(南部義籌の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南部義籌 なんぶ-よしかず

1840-1917 明治時代のローマ字論者。
天保(てんぽう)11年生まれ。明治5年文部省に「文字ヲ改換スルノ議」を建議するなど,漢字を廃止してローマ字で国語をつづることを主張した。大正6年3月死去。78歳。土佐(高知県)出身。著作に「Nippon Bunten Uhi-Manabi」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

南部義籌

没年:大正6.3(1917)
生年:天保11(1840)
明治大正時代のローマ字論者。土佐(高知)生まれ。大庭雪斎の『訳和蘭文語』を読んで,漢字を廃止し,ローマ字で日本語を綴るべきだと主張する日本初のローマ字論者になった。『修国語論』(1869)ののち,明治5(1872)年,文部省に『文字ヲ改換スル議』を建白,世間一般の西洋崇拝の風潮を好機とし,その「人情ニ応ジ至便ノ洋字(ローマ字)ヲ以不便ノ漢字ニ換ヘ」よと述べている。ただし,南部自身は漢学者でもあった。漢文に精通する学者が漢字の廃止や制限を唱えるのは,その後もしばしばみられる一種の皮肉な現象である。<著作>《Nippon Bunten Uhi‐Manabi》

(古田島洋介)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南部義籌の関連キーワードローマ字入力ローマ字後藤牧太田丸卓郎ローマ字綴りローマナイズ日本式ローマ字綴り方標準式ローマ字綴り方ヘボン式ローマ字綴り方野口秀並