コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南部義籌 なんぶ よしかず

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南部義籌 なんぶ-よしかず

1840-1917 明治時代のローマ字論者。
天保(てんぽう)11年生まれ。明治5年文部省に「文字ヲ改換スルノ議」を建議するなど,漢字を廃止してローマ字で国語をつづることを主張した。大正6年3月死去。78歳。土佐(高知県)出身。著作に「Nippon Bunten Uhi-Manabi」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

南部義籌

没年:大正6.3(1917)
生年:天保11(1840)
明治大正時代のローマ字論者。土佐(高知)生まれ。大庭雪斎の『訳和蘭文語』を読んで,漢字を廃止し,ローマ字で日本語を綴るべきだと主張する日本初のローマ字論者になった。『修国語論』(1869)ののち,明治5(1872)年,文部省に『文字ヲ改換スル議』を建白,世間一般の西洋崇拝の風潮を好機とし,その「人情ニ応ジ至便ノ洋字(ローマ字)ヲ以不便ノ漢字ニ換ヘ」よと述べている。ただし,南部自身は漢学者でもあった。漢文に精通する学者が漢字の廃止や制限を唱えるのは,その後もしばしばみられる一種の皮肉な現象である。<著作>《Nippon Bunten Uhi‐Manabi》

(古田島洋介)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

南部義籌の関連キーワードフォード(John Ford(1895―1973))牧野省三有島武郎チャップリンユダヤ演劇アヘン戦争シュティフターレールモントフTGE-A型 軍用保護自動貨車アポリネール

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android