コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南風原朝光 はえばる ちょうこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南風原朝光 はえばる-ちょうこう

1904-1961 昭和時代の洋画家。
明治37年2月6日生まれ。昭和4年日本美術学校を卒業,郷里沖縄県にかえる。翌年上京,公募展に作品を発表するかたわら,山之口貘(ばく)とともに沖縄の伝統文化の紹介に尽力。戦後帰郷し「とまり劇場」を設立,伝統芸能の振興にもつくした。国画会会員。静物画風景画を得意とした。昭和36年9月28日死去。57歳。作品に「野菜と果物」「静物」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

南風原朝光の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android