コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山之口貘 やまのぐちばく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山之口貘
やまのぐちばく

[生]1903.9.11. 沖縄,那覇
[没]1963.7.19. 東京
詩人。本名,重三郎。中学卒業後,思想的自覚に促されて上京,さまざまな職業を転々としながら佐藤春夫に師事,また 1935年草野心平らの『歴程創刊に参加。アナーキーな感覚のなかに独自の軽妙なユーモアを加味した詩風で知られ,詩集思弁の苑』 (1938) ,『山之口貘詩集』 (40) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

山之口貘【やまのぐちばく】

詩人。本名山口重三郎。沖縄生れ。沖縄県立一中中退。1924年上京し,佐藤春夫知遇を得,《改造》にはじめて詩2編が掲載されるが,以後も職業を転々とし,放浪貧窮の中で詩作を続けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山之口貘 やまのくち-ばく

1903-1963 昭和時代の詩人。
明治36年9月11日生まれ。各種の職業を転々としながら詩作にはげむ。佐藤春夫,金子光晴らと親交をむすび,「歴程」などに風刺とユーモアを感じさせる詩を発表した。昭和38年7月19日死去。59歳。沖縄県出身。沖縄第一中学中退。本名は山口重三郎。詩集に「思弁の苑」「鮪(まぐろ)に鰯(いわし)」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

やまのぐちばく【山之口貘】

1903‐63(明治36‐昭和38)
詩人。沖縄那覇の生れ。本名山口重三郎。県立沖縄一中を中退し,1924年上京,日本美術学校に入学したが,そこも中退した。以後転々と職業を替え一定の住居を持たずに過ごしたが,39年から東京府職業紹介所に勤務,48年から文筆生活に入った。中学時代に詩作をはじめ,上京後,佐藤春夫の知遇を得,ついで《歴程》同人に加わり,また金子光晴と親交を結んだ。庶民的な生活感情を反復を多用した饒舌体で歌い,ユーモアと風刺精神の交錯する独特の世界を形成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山之口貘
やまのぐちばく
(1903―1963)

詩人。沖縄県那覇(なは)市の生まれ。本名山口重三郎。県立一中を4年で中退、1922年(大正11)上京して転々。詩作は中学時代に始まる。31年(昭和6)『改造』に『夢の後』などを発表。36年『歴程』同人となる。詩は生活実感を写実・低唱風に歌ってときにユニーク。詩集に『思弁の苑(その)』(1938)、『定本山之口貘詩集』(1958)、『鮪(まぐろ)に鰯(いわし)』(1964)などがある。「その鼻がいいのだ/と答えたところ/鼻はあわてて/掌(てのひら)に身をかくした」(鼻)。[安藤靖彦]
『『山之口貘全集』全四巻(1975~76・思潮社) ▽仲程昌徳著『山之口貘 詩とその軌跡』(1975・法政大学出版局)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

山之口貘の関連キーワード山之口 貘南風原朝光草野心平高田 渡昭和時代沖縄文学師事

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山之口貘の関連情報