コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単婚 たんこんmonogamy

翻訳|monogamy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

単婚
たんこん
monogamy

一組の男女によって取結ばれる婚姻形態をいう。一般的には2つの型がある。一つはヒンドゥー教やカトリックで支持されてきたように,罰による別離がないかぎり夫婦の間の終生の契約を意味するものであり,一つはカリブ人の間で行われている合意による結合にみられるような,1人の配偶者を繰返し取替えることのできるものである。進化論では,単婚は人類の最終的かつ高度な家族形態とされたが,現在ではこの説は支持されていない。社会人類学では,単婚は人類史上普遍的で基本的な婚姻形態の一つと考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

単婚【たんこん】

男女いずれにとっても配偶者を1人と限定する結婚制度。最も一般的な婚姻形態で,世界中で広くみられる。→一夫一婦制

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

たんこん【単婚】

婚姻形態の一。同一時期において一人の夫と一人の妻からなる婚姻。モノガミー。 → 複婚

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

単婚の関連キーワードローウィ(Robert Heinrich Lowie)原始一夫一婦制説アシュケナジム戸(律令制度)文化進化主義ハヌノオ族チベット人ドゥルーズムブティ族一夫一婦婚ベッダ族ジャワ族家族制度江戸時代アフガン進化主義一夫一婦藩政改革サンタルドゴン族

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android