コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

複婚 ふくこんpolygamy

翻訳|polygamy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

複婚
ふくこん
polygamy

しばしば一夫多妻婚一妻多夫婚と同義に用いられる。1人の男性もしくは女性が,同時に2人以上の配偶者をもって一つの単位をなしている,社会的に承認された婚姻形態。一夫多妻婚はキリスト教諸民族以外の民族に広く存在し,イスラム教諸民族の間では法的に認められている。一方,一妻多夫婚は一夫多妻婚に比べて著しく限定されている。ヒマラヤのレプチャ族などのように,一夫多妻婚と一妻多夫婚とが並存している社会もみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ふく‐こん【複婚】

一夫多妻婚の婚姻。まれに一妻多夫婚がある。ポリガミー。→単婚

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

複婚【ふくこん】

配偶者が2人以上の場合の婚姻形態で,一夫多妻婚一妻多夫婚がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ふくこん【複婚】

婚姻形態の一。一人が複数の異性と同時に婚姻関係をもつこと。一夫多妻婚・一妻多夫婚など。 → 単婚

ふっこん【複婚】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の複婚の言及

【年齢集団】より

…他方,女子は成女式を終えれば結婚可能なので早婚となり,この結果,結婚をめぐる人口性比のゆがみが大きく,中年以上の男子年長者が複妻をもつ比率が高くなる。東アフリカ部族社会の複婚は一部の上層富裕層のみでなく,むしろこのようなメカニズムによることも一因だと考えられる。なおこの種の複婚の要因には,さらに青年男子では調達が困難な花嫁代償(婚資)が加わっている。…

※「複婚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

複婚の関連キーワードインドネシアの婚姻法アヒル(家鴨∥鶩)原始一夫一婦制説ソロレート婚文化進化主義一夫一婦婚複婚家族家族制度拡大家族フォン族アヌアクベンバ族核家族こん住居

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android