コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単純ヘルペス結膜炎 たんじゅんへるぺすけつまくえんHerpes Simplex Conjunctivitis

家庭医学館の解説

たんじゅんへるぺすけつまくえん【単純ヘルペス結膜炎 Herpes Simplex Conjunctivitis】

[どんな病気か]
 単純ヘルペスウイルスの感染でおこる結膜炎です。
 子どもに多い初感染によるものと、おとなに多い再発型のものがあります。最近では、おとなでも初感染が増加してきています。
[症状]
 流行性角結膜炎(「流行性角結膜炎」)とほぼ同じ症状が現われますが、多くは片方の目だけにみられます。まぶたに水疱(すいほう)や角膜(かくまく)ヘルペス(「単純ヘルペス角膜炎(角膜ヘルペス)」)をともなうこともあります。
 ほかのウイルス性結膜炎との鑑別がたいせつですが、確定診断のためにはウイルス学的な検査が必要となります。
 治療としては、抗ウイルス薬アシクロビル眼軟膏(がんなんこう)、IDU点眼薬が用いられます。抗生物質の点眼も併用されます。

出典|小学館家庭医学館について | 情報