コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単純ヘルペス結膜炎 たんじゅんへるぺすけつまくえん Herpes Simplex Conjunctivitis

1件 の用語解説(単純ヘルペス結膜炎の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

たんじゅんへるぺすけつまくえん【単純ヘルペス結膜炎 Herpes Simplex Conjunctivitis】

[どんな病気か]
 単純ヘルペスウイルスの感染でおこる結膜炎です。
 子どもに多い初感染によるものと、おとなに多い再発型のものがあります。最近では、おとなでも初感染が増加してきています。
[症状]
 流行性角結膜炎(「流行性角結膜炎」)とほぼ同じ症状が現われますが、多くは片方の目だけにみられます。まぶたに水疱(すいほう)や角膜(かくまく)ヘルペス(「単純ヘルペス角膜炎(角膜ヘルペス)」)をともなうこともあります。
 ほかのウイルス性結膜炎との鑑別がたいせつですが、確定診断のためにはウイルス学的な検査が必要となります。
 治療としては、抗ウイルス薬アシクロビル眼軟膏(がんなんこう)、IDU点眼薬が用いられます。抗生物質の点眼も併用されます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

単純ヘルペス結膜炎の関連キーワードヘルペスアシクロビルヘルペスウイルスKHVEBウイルス鯉ヘルペスウイルスワクシニアウイルスエプスタイン-バーウイルスヘルペス状皮膚炎コイヘルペスウイルス病

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone