博愛主義(読み)ハクアイシュギ

大辞林 第三版の解説

はくあいしゅぎ【博愛主義】

人種・宗教・風習などの違いをこえて、人間愛に基づいて全人類が平等に相愛協力すべきであるという考え方。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はくあい‐しゅぎ【博愛主義】

〘名〙 人種、国家、階級などの違いを越えて、ひろく等しく人類は愛し合うべきであるとする主義。また、ひろくだれに対しても善意と愛情をもって接しようとする態度。
※日本‐明治三〇年(1897)二月二三日「人に施す勿れと云ふ大隈伯の所謂博愛主義に依りて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

博愛主義の関連情報