博愛主義(読み)ハクアイシュギ

デジタル大辞泉 「博愛主義」の意味・読み・例文・類語

はくあい‐しゅぎ【博愛主義】

人種国家階級宗教などの違いを越えて、人類は広く愛し合うべきであるとする主義

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「博愛主義」の意味・読み・例文・類語

はくあい‐しゅぎ【博愛主義】

  1. 〘 名詞 〙 人種、国家、階級などの違いを越えて、ひろく等しく人類は愛し合うべきであるとする主義。また、ひろくだれに対しても善意愛情をもって接しようとする態度
    1. [初出の実例]「人に施す勿れと云ふ大隈伯の所謂博愛主義に依りて」(出典:日本‐明治三〇年(1897)二月二三日)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

五節舞

日本の上代芸能の一つ。宮廷で舞われる女舞。大歌 (おおうた) の一つの五節歌曲を伴奏に舞われる。天武天皇が神女の歌舞をみて作ったと伝えられるが,元来は農耕に関係する田舞に発するといわれる。五節の意味は...

五節舞の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android