コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

博愛主義 ハクアイシュギ

デジタル大辞泉の解説

はくあい‐しゅぎ【博愛主義】

人種・国家階級宗教などの違いを越えて、人類は広く愛し合うべきであるとする主義

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はくあいしゅぎ【博愛主義】

人種・宗教・風習などの違いをこえて、人間愛に基づいて全人類が平等に相愛協力すべきであるという考え方。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

博愛主義の関連キーワードサー・モーゼズ(・ハイム) モンテフィオーレラーマクリシュナ・ミッションヴィルヘルム シェイファーベンジャミン ランディシャフツベリー(伯)アメリカ反奴隷制協会クーパー・ユニオンウィルバーフォースモンテフィオーリザカリ マコーリフィランソロピーレ・ミゼラブルフリーメーソンエピクテトスシェーファーオグルソープバクストンマコーレーハンプトン黒人大学

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

博愛主義の関連情報