博愛主義(読み)はくあいしゅぎ

精選版 日本国語大辞典「博愛主義」の解説

はくあい‐しゅぎ【博愛主義】

〘名〙 人種国家階級などの違いを越えて、ひろく等しく人類は愛し合うべきであるとする主義。また、ひろくだれに対しても善意と愛情をもって接しようとする態度。
※日本‐明治三〇年(1897)二月二三日「人に施す勿れと云ふ大隈伯の所謂博愛主義に依りて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「博愛主義」の解説

はくあい‐しゅぎ【博愛主義】

人種・国家・階級・宗教などの違いを越えて、人類は広く愛し合うべきであるとする主義。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android