コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卜伝流 ボクデンリュウ

3件 の用語解説(卜伝流の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぼくでん‐りゅう〔‐リウ〕【×卜伝流】

新当流(しんとうりゅう)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ぼくでんりゅう【卜伝流】

剣術の新当流の俗称。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

卜伝流
ぼくでんりゅう

近世剣術の一流派。常陸鹿島(ひたちかしま)の塚原卜伝高幹(つかはらぼくでんたかもと)(1489―1571)を祖とする門流。正式の流名は新当(しんとう)流「先生……神託の中に新当の主意あるを以(もっ)て、初て新当流となづくといへり。……又新当流といふよりも、鹿島の卜伝流と聞へたるが多きをおもへば、……流名よりも先生の名高く聞えて、おほくは卜伝流とのみいひならはしたるまゝに、しか伝へし家もあるなるべし」(『塚原卜伝先生家伝』)。卜伝は生涯に3回も廻国(かいこく)修行を試みたと伝えられ、足利(あしかが)将軍義輝(よしてる)をはじめ細川幽斎(ゆうさい)、北畠具教(きたばたけとものり)、山本勘助、松浦鎮信(まつらしげのぶ)、相馬弾正少弼(そうまだんじょうしょうひつ)、真壁道無斎(まかべどうむさい)、斎藤伝鬼房(でんきぼう)、諸岡一羽(もろおかいっぱ)、本間勘解由(ほんまかげゆ)、中居式部秀幹(なかいしきぶひでもと)など列侯・諸士にその秘術を授けて尊奉者を得たといい、全国各地に卜伝流と称するものがあった。[渡邉一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

卜伝流の関連キーワード神道流新当流当流長逗留りゅうりゅう田園の里うりゅう雨柳雲庵透竜真翁宗竜

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone