コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卜伝流(読み)ボクデンリュウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

卜伝流
ぼくでんりゅう

近世剣術の一流派。常陸鹿島(ひたちかしま)の塚原卜伝高幹(つかはらぼくでんたかもと)(1489―1571)を祖とする門流。正式の流名は新当(しんとう)流「先生……神託の中に新当の主意あるを以(もっ)て、初て新当流となづくといへり。……又新当流といふよりも、鹿島の卜伝流と聞へたるが多きをおもへば、……流名よりも先生の名高く聞えて、おほくは卜伝流とのみいひならはしたるまゝに、しか伝へし家もあるなるべし」(『塚原卜伝先生家伝』)。卜伝は生涯に3回も廻国(かいこく)修行を試みたと伝えられ、足利(あしかが)将軍義輝(よしてる)をはじめ細川幽斎(ゆうさい)、北畠具教(きたばたけとものり)、山本勘助、松浦鎮信(まつらしげのぶ)、相馬弾正少弼(そうまだんじょうしょうひつ)、真壁道無斎(まかべどうむさい)、斎藤伝鬼房(でんきぼう)、諸岡一羽(もろおかいっぱ)、本間勘解由(ほんまかげゆ)、中居式部秀幹(なかいしきぶひでもと)など列侯・諸士にその秘術を授けて尊奉者を得たといい、全国各地に卜伝流と称するものがあった。[渡邉一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android