コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天真正伝神道流 てんしんしょうでんしんとうりゅう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天真正伝神道流
てんしんしょうでんしんとうりゅう

室町時代におこった刀槍(とうそう)の術の源流的流派で、香取(かとり)社にゆかりが深いので香取神道流といい、単に神道流ともいう。流祖の飯篠長威斎(いいざさちょういさい)家直(いえなお)(1421?―1488)は、下総(しもうさ)国香取郡飯篠村(千葉県多古(たこ)町大字飯篠)の郷士で、幼少より刀槍の術に優れ、壮年のころ上洛(じょうらく)して将軍義政(よしまさ)に仕えたと伝え、山城守(やましろのかみ)のち伊賀守と称した。
 家直は60歳を超えて、この術を天下に現さんと志し、香取社域の南東隅にある梅木山不断所(ばいぼくざんふだんしょ)に一千日参籠(さんろう)し、日夜木刀を振って庭前の立木を撃刺し、ついに数百の形を考案し、一流を編み出したという。古来より武神を祀(まつ)る香取・鹿島(かしま)の社家(しゃけ)・神人(じにん)の集団には、各種の武芸が伝承されてきたといわれ、この神道流は、これらを刀槍の術を中心に体系化することに成功したものである。軍法、剣術、薙刀(なぎなた)、槍法、抜刀、棒術などを包括する総合武芸で、近世諸流派の先駆的役割を担った。
 その門人に、剣術では松本備前守(びぜんのかみ)政信(まさのぶ)や塚原土佐守安幹(やすもと)(卜伝(ぼくでん)の養父)らを、また門流には塚原卜伝(鹿島新当流の祖)、松岡兵庫助則方(のりかた)、有馬大和守(やまとのかみ)乾信(有馬流の祖)、諸岡一羽(もろおかいっぱ)などを輩出した。また嗣子(しし)の若狭守(わかさのかみ)盛近(もりちか)は家芸を受けて、とくに槍術の達人として知られ、ついで盛信、盛綱と継いで、盛綱の門に、新道流長太刀(ながたち)(穴沢(あなざわ)流)を唱えた穴沢主殿助(とのものすけ)(雲斎)を出し、その門に、樫原(かしはら)流槍術を始めた樫原五郎左衛門俊直(としなお)を出している。なお幕末の15代飯篠修理亮(しゅりのすけ)盛重(もりしげ)は剣名高く、流名を香取神刀(かとりしんとう)流と称した。[渡邉一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の天真正伝神道流の言及

【飯篠長威斎】より

…天真正伝神道(てんしんしようでんしんとう)流(略して神道流)の武術の祖。日本兵法中興の祖ともいわれ,剣術における日本最古の流祖。…

【神道流】より

…下総国(千葉県)香取の飯篠長威斎(いいざさちよういさい)(1387?‐1488)を祖とする剣術流派。正式には天真正伝神道流という。神道流は日本の剣道史上,流派として最も古いもので,鹿島,香取両神宮にゆかりの深い伝統ある武術である。…

※「天真正伝神道流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

天真正伝神道流の関連キーワード植田 平太郎植田平太郎塚原卜伝有馬乾信水谷八弥居合術新当流有馬流神道流剣道

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android