コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新当流 シントウリュウ

3件 の用語解説(新当流の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しんとう‐りゅう〔シンタウリウ〕【新当流】

剣術の流派の一。近世、常陸(ひたち)鹿島の塚原卜伝(つかはらぼくでん)が創始。鹿島新当流。卜伝流。
馬術の流派の一。近世、近江(おうみ)彦根の神尾織部吉久が創始。悪馬新当流。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しんとうりゅう【新当流】

剣術の一派。塚原卜伝が鹿島の古伝と称される刀法から工夫して創始。卜伝流。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新当流
しんとうりゅう

室町時代におこった剣術古流の一つで、流祖は塚原卜伝高幹(つかはらぼくでんたかもと)(1489―1571)。鹿島(かしま)新当流、卜伝流ともいう。卜伝は常陸国(ひたちのくに)鹿島社の祠官(しかん)、卜部覚賢(うらべかくけん)の次男で、幼名を朝孝といい、父から鹿島伝来の古太刀(こだち)を、養父の塚原土佐守安幹(やすもと)から飯篠長威斎(いいざさちょういさい)の天真正伝神道流を学び、さらに1522年(大永2)34歳のとき、鹿島の神前に千日参籠(さんろう)して、「一の太刀」の妙術を感得し、剣67手・長刀(なぎなた)22手・鑓(やり)9手からなる新当流を創始したと伝える。
 のち、諸国を歴遊して、流の弘布(こうふ)に努め、甲州では山本勘介(かんすけ)ら武田家の諸士に、上洛(じょうらく)して将軍足利義輝(あしかがよしてる)らに教授し、伊勢(いせ)国司北畠具教(きたばたけとものり)に一の太刀を伝えたという。このとき、卜伝は多数の門人を引き連れ、鷹(たか)を据え、馬を引かせて、一行は豪勢にふるまったというが、つまびらかではない。卜伝の晩年の門人、松岡兵庫助則方は、徳川家康の兵法師範となり、全国に剣名を高めた。[渡邉一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の新当流の言及

【塚原卜伝】より

…戦国時代の剣客。新当流の流祖。字は高幹(たかもと)。…

※「新当流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

新当流の関連キーワード常陸宮愛洲陰流荒木流有馬流鞍馬八流鞍馬流長谷川流常陸常陸帯貝常陸風土記

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新当流の関連情報