占兆(読み)せんちょう

精選版 日本国語大辞典の解説

うら‐わい ‥はひ【占兆】

※書紀(720)履中五年九月(図書寮本訓)「因りて卜(うらな)ふ。兆(ウラハヒ)に云はく、飼部等(うまかひら)の黥(めさきのきず)の気(か)を悪(にく)む、といふ」

せん‐ちょう ‥テウ【占兆】

〘名〙 うらないに現われたしるし。うらかた。
※朝野群載‐六・康和二年(1100)六月二日・神祇少祐卜部兼良請進合御卜証文官宣旨解「兼良苟伝祖父之問文、専致霊亀之占兆」 〔魏志‐東夷・倭人伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android