コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倭人(読み)わじん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

倭人
わじん

中国人などが日本人を呼んだ古称。『漢書』地理志に「楽浪の海中に人あり,分れて百余国をなす…」とあるのが最古の例で,そののち『魏志』『後漢書』『宋書』『隋書』などにも倭人に関する記事がみえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

倭人【わじん】

中国で用いわれた日本人の古称。ひろく東方の異民族をさすともいう。《魏志(ぎし)倭人伝》によれば,身体には朱丹を塗り,男子は布を体に巻き,入墨(いれずみ)で尊卑を区別,女子は貫頭衣(かんとうい)を着る。一夫多妻。食事は手でじかに食し,酒を好む。長寿であるが,人が死ぬと棺に収め,10日間の(もがり)ののち,土の塚に埋葬。動物の骨を焼いて吉凶を占った。盗人はおらず,貴人の前では地面に両手をつけて伏拝したという。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

倭人の関連情報