印ソ平和友好協力条約(読み)いんソへいわゆうこうきょうりょくじょうやく(英語表記)Indo-Soviet Treaty of Peace, Friendship and Cooperation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

印ソ平和友好協力条約
いんソへいわゆうこうきょうりょくじょうやく
Indo-Soviet Treaty of Peace, Friendship and Cooperation

1971年8月9日ニューデリーにおいてインドソ連の間で調印された,期限 20年の条約。全文 12条から成り,相互の永続的な平和と友好を約束し,外交,経済,科学その他広範な分野での協力と連帯をうたっている。同条約が軍事同盟であるとの非難に対しては,I.ガンジー首相は,第4条でインドの非同盟を確認していることを根拠にこれを否定。条約締結の背景には,米中関係進展印パ関係の悪化,中ソ対決の険悪化などがあげられる。 91年には再延長の処理が論じられたが,米ソ対立の解消とともに印ソ関係の現状維持にとどまっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android