コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

印南石 いんなみいし

デジタル大辞泉プラスの解説

印南石(いんなみいし)

兵庫県産の石材竜山(たつやま)石」の別称。「宝殿石(ほうでんいし)」とも。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

印南石
いんなみいし

兵庫県高砂(たかさご)市伊保(いほ)町竜山(たつやま)付近でとれる石材。竜山石(たつやまいし)、宝殿石(ほうでんいし)の名でも知られる。濃灰色の石英粗面岩質凝灰岩で、石材としては白石、青石、赤石、布石などに区別されている。火熱や凍結に対して強く、耐酸性もあり、風化しにくいところから、建築用石材として利用されている。また、高砂市内の生石(おうしこ)神社の「石の宝殿」に使われたほか、大和朝廷の時代に石棺や古墳にも使われたといわれる。[斎藤靖二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の印南石の言及

【竜山石】より

…大阪住友ビルの外装をはじめ,明治以降の近代建築にも利用されてはいるが,御影石の採掘,加工技術の進歩にともなって建築分野での利用は衰え,今日では,宅地造成用の土木用材としての利用がほとんどである。〈りゅうざんせき〉と読むこともあり,印南(いんなみ)石ともいう。なお,竜山の東端に製作目的がよくわかっていない巨石記念物〈石の宝殿(いしのほうでん)〉がある。…

※「印南石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

印南石の関連キーワード竜山石宝殿