コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卵天狗茸 タマゴテングタケ

デジタル大辞泉の解説

たまご‐てんぐたけ【卵天××茸】

テングタケ科のキノコ。初めは卵形。平らに開くとの直径7~10センチで、表面は帯黄緑色または暗緑色ひだや茎は白い。根元は卵状の白い壺(つぼ)で包まれる。日本をはじめ北半球に広く分布近縁のシロタマゴテングタケ・ドクツルタケとともに猛毒で知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たまごてんぐたけ【卵天狗茸】

担子菌類ハラタケ目のキノコ。世界的に分布し、夏から秋にかけ林内の地上に発生。初め卵形、のち平らに開く。傘は径7~10センチメートルで表面は灰緑色。茎は白色で、根元は袋状のものに包まれる。傘の白いシロタマゴテングタケ・ドクツルタケとともに、猛毒キノコとして名高い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

卵天狗茸の関連キーワード灰緑色白色

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android