コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卵天狗茸 タマゴテングタケ

デジタル大辞泉の解説

たまご‐てんぐたけ【卵天××茸】

テングタケ科のキノコ。初めは卵形。平らに開くとの直径7~10センチで、表面は帯黄緑色または暗緑色ひだや茎は白い。根元は卵状の白い壺(つぼ)で包まれる。日本をはじめ北半球に広く分布近縁のシロタマゴテングタケ・ドクツルタケとともに猛毒で知られる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たまごてんぐたけ【卵天狗茸】

担子菌類ハラタケ目のキノコ。世界的に分布し、夏から秋にかけ林内の地上に発生。初め卵形、のち平らに開く。傘は径7~10センチメートルで表面は灰緑色。茎は白色で、根元は袋状のものに包まれる。傘の白いシロタマゴテングタケ・ドクツルタケとともに、猛毒キノコとして名高い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

卵天狗茸の関連キーワード灰緑色白色

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android