コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卵巻(き) タマゴマキ

デジタル大辞泉の解説

たまご‐まき【卵巻(き)】

鶏卵を薄く焼いて他の材料を包んだもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の卵巻(き)の言及

【すし(鮓∥鮨)】より

…これは明治中期に考案されたもので,コノシロの片身を用いた形が小舟のようだというのでオランダ語でボートの意のバッテラと呼ばれるようになり,その後コノシロの値が上がったのでサバに変えたものである。 巻きずしには,ノリ巻,卵巻などがある。関東ではノリ巻が多く,かんぴょうを入れて細く巻くのが基本で,マグロを芯にしたものを鉄火巻,たくあん漬などを用いたものを新香巻,生のキュウリを使ったものをかっぱ巻などという。…

※「卵巻(き)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

卵巻(き)の関連キーワードチエンツァイ卵料理鶏卵

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android