コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卸売(り)手数料 オロシウリテスウリョウ

1件 の用語解説(卸売(り)手数料の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おろしうり‐てすうりょう〔‐てスウレウ〕【卸売(り)手数料】

生産者などが生鮮食品等を卸売市場に出荷し、販売を卸売業者に委託する際に支払う手数料のこと。競り相対売り等を通じて卸売業者から売買参加者に販売された価格に、一定の手数料率を掛けて算出する。中央卸売市場では、品目ごとに全国一律の料率が定められていたが、卸売市場法の改正により平成21年(2009)から自由化された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

卸売(り)手数料の関連キーワード産直生鮮食品卸売市場生産者価格生鮮食料品系統出荷仲卸人横浜市中央卸売市場本場名古屋食肉市場(名食)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone