コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卸売市場法 おろしうりしじょうほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

卸売市場法
おろしうりしじょうほう

昭和 46年法律 35号。野菜,果実,魚類肉類などの生鮮食料品卸売りのために開設される市場の開設およびその適正かつ健全な運営を確保して,取引の適正化と生産および流通の円滑化をはかることを目的とする法律。卸売市場中央卸売市場地方卸売市場に分れ,中央卸売市場は地方公共団体農林水産大臣の認可を受け (7,8条) ,地方卸売市場は都道府県知事の許可を得て (55条) 開設する。市場での卸売取引はせり売りまたは入札の方法を原則 (特に青果物) とし (34,62条) ,ほかに買付け,相対取引の方法によっても行われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おろしうりしじょう‐ほう〔おろしうりシヂヤウハフ〕【卸売市場法】

卸売市場の開設や卸売取引に関する規制等について定めることにより、卸売市場の健全な運営ならびに生鮮食料品等の生産・流通の健全化を図るために制定された法律。昭和46年(1971)施行。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の卸売市場法の言及

【卸売市場】より

…とくに,1918年に発生した米騒動への対応策として,時の政府は,食料品価格の引下げ・安定化を図るために,食料品を中心とした小売店の集合施設である公設小売市場の建設を進めるとともに,小売市場への配給の円滑化と卸売価格引下げの目的をもって,中央卸売市場構想を打ち出す。それが,23年に〈中央卸売市場法〉として成立し,以後,27年の京都市に始まり,高知市(1930),横浜市,大阪市(ともに1931),神戸市(1932),東京府の築地,神田,江東の3市場,鹿児島市(ともに1935)と,各地に中央卸売市場が建設されていく。しかし,同法では中央卸売市場以外については規定しておらず,そのために,中央卸売市場以外の卸売市場(類似市場)が乱立し,生産者等との間でも問題が生じてきた。…

※「卸売市場法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

卸売市場法の関連キーワード盛岡市中央卸売市場市場(いちば)卸売手数料水産物流通青物市場青果市場魚市場

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

卸売市場法の関連情報