卸売(読み)おろしうり

百科事典マイペディア「卸売」の解説

卸売【おろしうり】

生産者から大量荷口で商品を買い付け,これを小売商や産業需要者に売り付ける業者間販売のこと。問屋代理商仲立人の業務を兼ねることもある。一般に取扱品目別に専門化しており,商品流通段階での数量品質調節を容易にし,社会的配給費の節減に寄与する。しかし,近年は消費者の買物傾向が何でも揃う広域大型店へ移行しているため,業種別小売店も減少しつつある。そのため,卸売商も大型店の注文に対応できる体制に変わりつつあり,その数も減少傾向にある。また,卸売商を通さない流通方式も増加している。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「卸売」の解説

おろし‐うり【卸売】

〘名〙 生産者または輸入業者から商品を仕入れ、これを小売商人に売り渡すこと。また、その業種や、その人。おろし。
※浮世草子・日本永代蔵(1688)三「此木屑(くず)より箸を削りて、須田町・瀬戸物町の青物屋におろし売(ウリ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「卸売」の解説

おろし‐うり【卸売(り)】

[名](スル)生産者や輸入業者から大量の商品を仕入れ、小売商に売り渡すこと。また、その業種や業者。
[類語]仲買小売り

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「卸売」の解説

おろしうり【卸売 wholesaling】

卸売業者や小売業者など商業者,あるいは各種の業務用購入者に対する商品ないしはサービスの販売をいう。卸売という概念は,もともと小売に対応するものであり,小売が個人的に消費する最終消費者に対する販売であるのに対して,卸売は,最終消費者に対する販売以外のすべての販売を包括する概念であるといえる。すなわち,卸売と小売の概念区分は,その取引規模や取引件数,取引対象商品などによって規定されるものではなく,もっぱら販売先の性格によって規定されるのが通例となっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の卸売の言及

【仲買】より

…ブローカーは仲立人(なかだちにん),仲介人(ちゆうかいにん)とも呼ばれる。 法定商品市場の商品取引所では商品取引員の旧称である商品仲買人の略称,また卸売市場では仲卸業者の通称。商品取引所の商品取引員は商品取引所法で定める会員のうち〈売買の媒介,取次ぎもしくは代理(商品市場での売買取引の取次ぎを含む)〉者という規定に当てはまる仲買業者である。…

※「卸売」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android