コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原双桂 はら そうけい

2件 の用語解説(原双桂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原双桂 はら-そうけい

1718-1767 江戸時代中期の儒者,医師。
享保(きょうほう)3年10月13日生まれ。原恭胤(やすたね)の父。伊藤東涯に儒学をまなぶ。医をおさめ,肥前唐津(からつ)藩(佐賀県)の藩医となり,藩校盈科(えいか)堂でおしえた。折衷学の立場で,朱子学および荻生徂徠(おぎゅう-そらい),伊藤仁斎の学問を批判した。明和4年閏(うるう)9月4日死去。50歳。京都出身。名は瑜。字(あざな)は公瑶。通称は三右衛門。別号に尚庵。著作に「桂館漫筆」「洙泗(しゅし)微響」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

原双桂

没年:明和4.9.4(1767.9.26)
生年:享保3.10.13(1718.11.5)
江戸中期の儒学者。名は瑜,字は公瑶,通称三右衛門。双桂は号,別号尚庵。京都市中の町人の家に生まれる。父は光茂,母は医者原芸庵の娘。10歳で伊藤東涯に入門,父の死後大坂,のち江戸に移住,19歳のとき京都に帰った。この間,医学を兼修して名声高く,28歳で肥前国(佐賀県)唐津藩に藩医として招かれ,45歳のとき藩主土井氏の転封にともない下総国古河(茨城県古河市)に移る。双桂は古義学を学んだが,それに拘泥せず,儒学諸派に対して批判的態度を取った。客観的には朱子学,徂徠学に対する根本的批判は明確であるが,『論語』『孟子』中心の経書観をはじめとして古義学を継承している点は否定できない。主著は『双桂集』。

(三宅正彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原双桂の関連キーワード朝山素心竹川政辰平蕉斎平林惇信藤山惟熊横谷友信越智高洲漢儒童子問井上東渓

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone