コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原始星ジェット ゲンシセイジェット

1件 の用語解説(原始星ジェットの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

げんしせい‐ジェット【原始星ジェット】

原始星から放出される細く絞られた高速のプラズマ流。ガスや塵(ちり)が原始星に集まって円盤状になり、円盤と垂直な方向(原始星の回転軸の両極方向)に吹き出す。磁場とプラズマ相互作用によって加速されると考えられている。速度は毎秒数百キロメートル程度で密度は低い。原始星から離れるに従い、周囲の物質を引きずって低温、高密度な双極分子流となる。この二次的に形成された双極分子流原始星ジェットと呼ぶこともある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone