原始農業(読み)げんしのうぎょう(英語表記)primitive agriculture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原始農業
げんしのうぎょう
primitive agriculture

先史時代や未開社会で行われた最も原始的な農業。原始的移動農業と原始的定着農業に分けられる。前者のほうがより原始的で,焼畑農耕などにより農地を求めて移動し,後者は一定の場所に定着して,やや集約的な農業を営む。農具ハック (簡単な掘り棒) などが使われ,ほとんど自給用に栽培されている。現在でもエチオピア高原南アメリカ山地,熱帯地方の一部で行われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

原始農業の関連情報