コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原子力供給国グループ ゲンシリョクキョウキュウコクグループ

2件 の用語解説(原子力供給国グループの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

げんしりょくきょうきゅうこく‐グループ〔ゲンシリヨクキヨウキフコク‐〕【原子力供給国グループ】

核燃料、原子力関連技術や機材の輸出を管理・規制するための国際的な組織。1974年、核不拡散条約NPT)に加盟していないインドが行った核実験をきっかけに、1978年に正式発足。参加国が守るべきガイドライン(法的な拘束力はない)を定め、それに基づいて輸出管理を行う。米ロ英仏中など48か国が加盟(2016年3月現在)。インド・パキスタンイスラエル北朝鮮は参加していない。NSG(Nuclear Suppliers Group)。
[補説]2008年9月の総会で、核不拡散条約未加盟国であるインドを例外扱いとする「インドとの民生用原子力協力に関する声明」が採択された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

原子力供給国グループ

日米欧と旧ソ連など原子力先進国が設立した。核不拡散条約(NPT)非加盟のインドが74年、カナダ製原子炉でつくったプルトニウムを使って核実験を成功させたのがきっかけで、75年に初会合を開き、78年に正式発足。原子力技術や核燃料の輸出を管理・規制することで核拡散の防止を図る。紳士協定的な組織だが、NPTに実効性をもたせる役割を担う。中国も04年参加。インド、パキスタン、北朝鮮、イスラエルなどは参加していない。

(2006-06-03 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原子力供給国グループの関連キーワード原子力工学核燃料サイクル開発機構原子力村原子力協定原子力事業所原子力施設国際原子力パートナーシップ(GNEP)米印原子力協力協定原子力供給国グループ(NSG)核の輸出規制

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

原子力供給国グループの関連情報