核拡散防止条約(読み)かくかくさんぼうしじょうやく

知恵蔵の解説

核拡散防止条約

核不拡散条約」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

百科事典マイペディアの解説

核拡散防止条約【かくかくさんぼうしじょうやく】

Treaty on the Non-Proliferation of Nuclear Weapons.NPTと略称。核不拡散条約とも。1963年の部分的核実験停止条約調印後にジュネーブ軍縮委員会で討議が続けられ,米ソ双方の原案をもとに1968年7月ワシントン,ロンドン,モスクワで62ヵ国がNPTに調印,1970年3月発効。日本は1976年に批准した。191ヵ国(2010年)が参加している(うち北朝鮮は脱退宣言中。おもな非締約国はインド,パキスタン,イスラエル,南スーダン)。核兵器保有は1967年1月以前に核兵器を製造・爆発させた米国,ロシア,英国,フランス,中国の5ヵ国に限定され,核兵器の他国への譲渡,原子力の平和的目的以外への転用,非核保有国の核兵器製造などを禁止しているが,非核保有国の安全保障措置は除かれている。1995年,国連本部でNPT再検討・延長会議が開かれ,同条約の無条件・無期限延長が決定され,今後5年ごとにNPT運用再検討会議を開催することになった。一方,非締約国の印パ2国が1998年核実験を実施し,イスラエルとともに事実上の核保有国となった。2005年の再検討会議は核保有国と非核国の主張が対立して決裂状態で終わった。2009年4月米国オバマ大統領は米国大統領としてはじめて〈核廃絶〉を提唱する演説を行ったが,北朝鮮が,2006年につづき2009年5月にも核実験を行い,核不拡散問題をめぐって緊張状態が続いている。→トラテロルコ条約ラロトンガ条約ペリンダバ条約東南アジア非核地帯条約
→関連項目核査察原子力原子力管理国際原子力機関国際連合朝鮮半島非核化宣言臨界前核実験

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

核拡散防止条約
かくかくさんぼうしじょうやく

「核兵器の不拡散に関する条約」(核不拡散条約)の別称。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かくかくさん‐ぼうしじょうやく カククヮクサンバウシデウヤク【核拡散防止条約】

(the Nuclear Non-proliferation Treaty の略語) 核兵器保有国の増加を防ぐことを目的に、非核保有国への核兵器移転の禁止、非核保有国の核兵器製造等の禁止、非核保有国の原子力施設に対する国際原子力機関の査察などを定めた条約。正式には「核兵器の不拡散に関する条約」。一九七〇年発効。日本は七六年に加盟。略称NPT。核不拡散条約。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

核拡散防止条約の関連情報