コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原子力衛星 げんしりょくえいせい nuclear powered satellite

2件 の用語解説(原子力衛星の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原子力衛星
げんしりょくえいせい
nuclear powered satellite

小型の原子炉を積んだ原子炉衛星や,原子力電池を用いる衛星。原子力電池にはプルトニウム 238の放射線エネルギーを利用する。 1962年以降,ソ連は熱出力 40kWのロマーシュカか同 130~150kWのトパーズ型で,炉内熱電対による発電方式のものを 30基以上打上げた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

げんしりょくえいせい【原子力衛星】

原子力を動力源とする人工衛星で,原子炉を搭載したいわゆる原子炉衛星と,放射性同位体(RI)を搭載したものとの2種類がある。原子炉衛星の場合,原子炉燃料核分裂による熱は,液体金属を作動流体とする蒸気タービンサイクル,あるいは熱電直接変換機thermo‐electric converter(略称TEC)によって電力に変えられる。RIでは核壊変によって熱が生じるが,熱の取出し過程に機械的可動部がないので,やはり可動部のないTECを用いて発電をするのが通例である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

原子力衛星の関連キーワード原子力潜水艦原子力保険多目的原子炉動力炉原子力村ACRS原子炉衛星原子力事業所原子力施設動力試験炉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone