コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原子力衛星 げんしりょくえいせいnuclear powered satellite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原子力衛星
げんしりょくえいせい
nuclear powered satellite

小型の原子炉を積んだ原子炉衛星や,原子力電池を用いる衛星。原子力電池にはプルトニウム 238の放射線のエネルギーを利用する。 1962年以降,ソ連は熱出力 40kWのロマーシュカか同 130~150kWのトパーズ型で,炉内熱電対による発電方式のものを 30基以上打上げた。アメリカは 1960年代から原子力電池衛星 22基を打上げた。また原子炉衛星 SNAP-10A (熱出力 34kW) は 65年に打上げられた。宇宙空間では冷却が困難なため,これまでの衛星用原子炉の出力は 5kW程度だったが,1980年代になりアメリカは SDI計画で電気出力 100kWの原子炉 SP-100を開発した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

げんしりょくえいせい【原子力衛星】

原子力を動力源とする人工衛星で,原子炉を搭載したいわゆる原子炉衛星と,放射性同位体(RI)を搭載したものとの2種類がある。原子炉衛星の場合,原子炉燃料の核分裂による熱は,液体金属を作動流体とする蒸気タービンサイクル,あるいは熱電直接変換機thermo‐electric converter(略称TEC)によって電力に変えられる。RIでは核壊変によって熱が生じるが,熱の取出し過程に機械的可動部がないので,やはり可動部のないTECを用いて発電をするのが通例である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

原子力衛星の関連キーワード宇宙開発史(年表)宇宙法

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android