コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原月舟

美術人名辞典の解説

原月舟

俳人。本名清。俳句は中学時代より初め「中央新聞」「国民新聞」に投句。「朝虹」「ホトトギス」「時事新報」題句・選者。守旧派俳風から客観写生へ虚子が「ホトトギス」の俳風を転換する際、一つの示唆を与えた俳人であるといえる。著書『月舟全集』『月舟俳句集』等がある。大正9年(1920)歿、30才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原月舟
はらげっしゅう

[生]1889.5.24. 東京
[没]1920.11.14. 東京
俳人。本名,清。 1913年慶應義塾大学理財科卒業。在学中から長谷川零余子の指導を受け,松根東洋城選の『国民俳壇』に投句,10年『朝虹』の選者となった。 12年から高浜虚子の指導により『ホトトギス』へ投句,14年から募集句選者。以後『時事新報』句壇や『三田俳句会』の選者もつとめ,虚子の忠実な継承者と目された。句集『月舟俳句集』 (1922) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

原月舟の関連キーワード長谷川零余子高浜虚子岩谷孔雀指導

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android