コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原田霞裳 はらだ かしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原田霞裳 はらだ-かしょう

1797-1831 江戸時代後期の漢詩人。
寛政9年生まれ。紀伊(きい)の人。同郷の菊池海荘と親交をむすぶ。蘭(らん)の墨絵をたくみにかいた。のち紀伊田辺(和歌山県)領主安藤家につかえた。天保(てんぽう)2年4月死去。35歳。没後に「漱芳園(そうほうえん)遺稿」が刊行された。名は瓚。字(あざな)は叔馨。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

原田霞裳の関連キーワードティーク蔀関月アーガー・ムハンマドウルストンクラフトレオーベンの仮条約ウルストンクラフトケルキラ島ラグランジュハイネ田中大秀