コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

墨絵 すみえ

4件 の用語解説(墨絵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

墨絵
すみえ

東洋画のうち,墨一色で描いた絵画をいうが,一般的には水墨画をさすことが多い。また筆線だけで描く白描体の絵画をもいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

すみえ【墨絵】

水墨画すいぼくが
墨で線描きした絵。 「よき-に髪どもをおほひたるやうに見ゆ/紫式部日記」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

墨絵
すみえ

東洋絵画の描法の一種。顔料におもに墨を使うのでこうよばれる。膠(にかわ)質が強くつやのある墨や、やや青みを帯びた青墨(せいぼく)など、墨の色にも微妙な変化があり、その味わいは深い。なお墨絵には、墨で対象の輪郭だけを描く白描画(はくびょうが)と、墨の濃淡やぼかし、にじみなどによって対象を表現する水墨画とがあり、いずれも淡彩を施す場合もある。[榊原 悟]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

墨絵の関連情報