コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊池海荘 きくち かいそう

美術人名辞典の解説

菊池海荘

幕末・明治の志士・漢詩人。紀伊有田郡生。垣内孝友の次男。のちに菊池に改姓。名は保定、字は士固、通称は孫左衛門・孫輔、別号に渓琴・慈庵等。大窪詩仏詩学を学び、広瀬旭荘藤田東湖佐久間象山等と交友があり、郷里に古碧吟社を設立。『国政論』等の著がある。明治14年(1881)歿、83才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊池海荘 きくち-かいそう

1799-1881 江戸後期-明治時代の漢詩人。
寛政11年9月25日生まれ。生家は紀伊(きい)有田郡(和歌山県)の豪商。砂糖問屋の江戸店をつぐ。大窪詩仏にまなび,広瀬旭荘(きょくそう)らとまじわる。天保(てんぽう)年間に郷里で窮民救済につくし,幕末には海防策を建白,農兵を組織した。明治14年1月16日死去。83歳。本姓は垣内。名は保定。別号に渓琴。詩集に「海荘集」,著作に「国政論」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きくちかいそう【菊池海荘】

1799‐1881(寛政11‐明治14)
幕末・明治初年の地方名士。父は垣内淡斎で江戸の砂糖薬物商。紀州有田郡栖原村で生まれる。名は保定,字は士固,通称は孫輔,号は渓琴,後に海荘,別号を七十二連峯。姓を垣内から菊池に改めた。詩を学び,藤田東湖,佐久間象山らとも交際した。天保の飢饉に由良港などで失業対策事業を行い,幕末には海防をとなえ,有田・日高両郡の文武総裁となり農兵を組織・訓練した。著書は《国政論》《天主教論》など。【安藤 精一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

菊池海荘の関連キーワード原田霞裳明治時代菊池渓琴

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android