コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊池海荘 きくち かいそう

3件 の用語解説(菊池海荘の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

菊池海荘

幕末・明治の志士・漢詩人。紀伊有田郡生。垣内孝友の次男。のちに菊池に改姓。名は保定、字は士固、通称は孫左衛門・孫輔、別号に渓琴・慈庵等。大窪詩仏に詩学を学び、広瀬旭荘藤田東湖佐久間象山等と交友があり、郷里に古碧吟社を設立。『国政論』等の著がある。明治14年(1881)歿、83才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊池海荘 きくち-かいそう

1799-1881 江戸後期-明治時代の漢詩人。
寛政11年9月25日生まれ。生家は紀伊(きい)有田郡(和歌山県)の豪商。砂糖問屋の江戸店をつぐ。大窪詩仏にまなび,広瀬旭荘(きょくそう)らとまじわる。天保(てんぽう)年間に郷里で窮民救済につくし,幕末には海防策を建白,農兵を組織した。明治14年1月16日死去。83歳。本姓は垣内。名は保定。別号に渓琴。詩集に「海荘集」,著作に「国政論」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

きくちかいそう【菊池海荘】

1799‐1881(寛政11‐明治14)
幕末・明治初年の地方名士。父は垣内淡斎で江戸の砂糖薬物商。紀州有田郡栖原村で生まれる。名は保定,字は士固,通称は孫輔,号は渓琴,後に海荘,別号を七十二連峯。姓を垣内から菊池に改めた。詩を学び,藤田東湖,佐久間象山らとも交際した。天保の飢饉に由良港などで失業対策事業を行い,幕末には海防をとなえ,有田・日高両郡の文武総裁となり農兵を組織・訓練した。著書は《国政論》《天主教論》など。【安藤 精一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

菊池海荘の関連キーワード魚住荊石古面翁昇斎一景関直吉岱阿高橋確斎谷頭有寿遠山弘湖花沢伊左衛門(3代)吉田江沢

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone