コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原老柳 はら ろうりゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原老柳 はら-ろうりゅう

1783-1854 江戸時代後期の医師。
天明3年2月生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)の村上玄齢にまなび,摂津伊丹(いたみ)(兵庫県)で開業。のち新宮凉庭(しんぐう-りょうてい)の勧めで大坂にうつり,緒方洪庵らとならんで名声を博した。嘉永(かえい)7年6月1日死去。72歳。摂津西宮(兵庫県)出身。本姓は戸田。名は健。字(あざな)は天行。通称は左一郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

原老柳の関連キーワード総合年表(アメリカ)ハイネペリー(Matthew Calbraith Perry)キャベンディッシュ天明の飢饉児童文学セバストポリ安政オレンジ自由国桂川甫三

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android