コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原 阿佐緒 ハラ アサオ

20世紀日本人名事典の解説

原 阿佐緒
ハラ アサオ

明治〜昭和期の歌人



生年
明治21(1888)年6月1日

没年
昭和44(1969)年2月21日

出生地
宮城県黒川郡宮床村宮床(現・大和町宮床)

本名
原 浅尾

学歴〔年〕
宮城県立高女中退

経歴
庄屋に生まれて英才教育を受け、16歳頃から短歌に関心を持つ。のち上京して日本画を学ぶ。明治42年新詩社に入り「スバル」等に作品を発表、三ケ島葭子と共に将来を嘱望されたが、大正5年「アララギ」に転じた。同年処女歌集「涙痕」を出版したのをはじめ、昭和4年までに4つの歌集を出す。大正10年東北帝大教授・石原純との恋愛事件で一世を風靡したが、新聞などで非難されアララギを除名になる。しかし7年で破局を迎え、昭和3年故郷に戻る。その後上京し、銀座で酒場を開いたり、映画に出演するなどし、自由奔放な生き方を貫いて44年没。「原阿佐緒全歌集」がある。平成2年生家が“原阿佐緒記念館”として公開される。12年同館設立10周年を記念して原阿佐緒賞が創設された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

原 阿佐緒 (はら あさお)

生年月日:1888年6月1日
明治時代-昭和時代の歌人
1969年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

原 阿佐緒の関連キーワード石原純(いしはらあつし)宮城県黒川郡大和町宮床大和(町)文学資料館生年月日石原 純昭和時代大原富枝原 保美庄司まり

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android