厩・馬屋(読み)うまや

精選版 日本国語大辞典の解説

うま‐や【厩・馬屋】

〘名〙
① 馬を飼っておく小屋。馬小屋。摂政・関白家などでは(うまやつかさ)として別当、預(あずかり)、案主、舎人などを置き管理した。
※万葉(8C後)二〇・四四二九「宇麻夜(ウマヤ)なる縄絶つ駒のおくるがへ妹がいひしを置きてかなしも」
② 牛を飼っておく小屋。
八丈実記(1848‐55)居宅「牛屋を廏と呼べり」

むま‐や【厩・馬屋】

〘名〙 ⇒うまや(厩)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android