八丈実記(読み)はちじょうじっき

世界大百科事典 第2版の解説

はちじょうじっき【八丈実記】

近藤富蔵守真(1805‐87)が著した幕末の八丈島の地誌。全69巻のほか拠巻と称する稿本が残る。富蔵は北方探検家近藤重蔵の長男で,殺人罪を犯して1827年(文政10)流刑にあい,島で生活するうち八丈島に深い愛着をもつようになった。48年(嘉永1)ころから島内の古文書,古記録を精査し,自分の見聞を加えて地理沿革貢税土産船舶などの編にまとめあげ,58年(安政5)ころに一応完成したとみられる。著者が博覧強記であるうえに古文献を数多く写しており,青ヶ島,鳥島,小笠原諸島,八丈小島の歴史・民俗にもふれている大著である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はちじょうじっき ハチヂャウ‥【八丈実記】

江戸後期の地誌。近藤富蔵著。嘉永元年(一八四八)に起稿し、安政二年(一八五五)に原形が完成。その後も大幅な訂正・加除を行なう。八丈島について、その地理・沿革・貢税・島人・方言・土産・社寺・船舶・海島などを詳述した総合的地誌。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報