厳罰(読み)げんばつ

精選版 日本国語大辞典「厳罰」の解説

げん‐ばつ【厳罰】

〘名〙 きびしく処罰すること。また、その罰。
※源平盛衰記(14C前)五「今、天裁を仰ぐといえども、還って厳罰を蒙り、未だ意を得ず」
※明六雑誌‐二六号(1875)紙幣成行妄想録〈神田孝平〉「宜しく此奸民を厳罸して正金銀を流通せしめ以て良民の困弊を救ふべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「厳罰」の解説

げん‐ばつ【厳罰】

きびしくすること。また、その罰。「厳罰に処する」「厳罰を科す」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android