コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

参宮街道 さんぐうかいどう

大辞林 第三版の解説

さんぐうかいどう【参宮街道】

伊勢神宮参拝のための街道。伊勢街道。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の参宮街道の言及

【道者関】より

…参詣者は交通者の一重要部分を占めるから,つねに関所の課税対象であるが,とくに参詣の盛んな社寺の近くや門前に設けられた関は,大半が参詣者=道者を対象とした。室町時代もっとも参詣の盛んだったのは伊勢神宮であり,このため参宮街道には関所が多く,桑名と日永の間わずか4里のうちに60余関が数えられ,伊勢一国で120関に及んだという。熊野山や高野山も南北朝以来その近くに関が多く,また大和長谷寺や,地方では相模江ノ島や富士山の各登山口,加賀白山,越中立山,出羽三山など参詣や登山のある程度盛んな社寺の近傍には,例外なく道者関が見られた。…

※「参宮街道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

参宮街道の関連キーワード伊勢市立伊勢古市参宮街道資料館三重県伊勢市中之町小俣(三重県)古市(三重県)四日市(市)松阪(市)多気(町)小俣[町]大和高田市名張(市)松阪[市]三重(県)伊勢街道四日市市松阪市伊勢路多気町道者関湖南市松ヶ島

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

参宮街道の関連情報