コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初瀬街道 はせかいどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

初瀬街道
はせかいどう

奈良県北西部の桜井市三重県中部の松阪市を結ぶ街道。伊勢街道の一つ。桜井市東部の初瀬から三重県の名張市,伊賀市南部の阿保 (あお) を経て青山峠を越え,津市中部の大仰 (おおのき) を通り,松阪市に達する。長谷寺伊勢神宮への参詣路として利用者が多く,街道筋には宿場も発達した。ほぼ国道 165号線に相当する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の初瀬街道の言及

【白山[町]】より

…また川口関は催馬楽(さいばら)や《源氏物語》にみえ,著名であった。布引山地を青山峠で越えるこの道は,近世には初瀬(はせ)街道として伊勢参宮や大和長谷寺参詣に利用され,垣内(かいと)は宿場として栄えた。山間部の物資や年貢米の運送に雲出川の舟運は重要であった。…

※「初瀬街道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

初瀬街道の関連情報