コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

参審制度 サンシンセイド

デジタル大辞泉の解説

さんしん‐せいど【参審制度】

市民が、裁判官とともに合議体を構成して裁判に関与する制度。主にドイツで、陪審制度の補充または代用として発達。日本では、一般の国民が裁判に参加する制度として、平成21年(2009)から裁判員制度が導入されている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

参審制度の関連キーワード参審員司法参審

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android