コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

及び オヨビ

デジタル大辞泉の解説

および【及び】

[接]《漢文訓読で接続詞に使う「及」の字を「および」と読んだところから》複数の事物・事柄を並列して挙げたり、別の事物・事柄を付け加えて言ったりするのに用いる語。と。ならびに。また。そして。「生徒及び父兄」「国語、数学、及び英語は必修」
[補説]多くの語を並列するときは、最後にくる語との間にだけ置くことが多い。
[名]及ぶこと。届くこと。
「これも心の―はいかでかおろかに侍らん」〈海人刈藻・三〉
[用法]および・ならびに――「会長及び(並びに)社長から祝辞をいただきます」「賞状及び(並びに)カップを授与します」のように一般には区別なく使っている。「並びに」のほうが口語的だが、それも改まった場合に多く用いる。◇法令用語としては、「A及びB、並びにC及びD」「A及びB、並びにC」のように、小さな段階つなぎに「及び」を、より大きな段階のつなぎに「並びに」を用いる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

および【及び】

( 接続 )
(名詞や名詞と同じ資格をもつ句に付く)並べて挙げる時用いる。並びに。かつ。…も…も。 「東京-大阪で開く」 「会館の運営-管理」 〔法令用語では、「及び」は小さな段階の語句を併合するのに用い、「ならびに」は大きな段階の語句の併合に用いる。漢文訓読に由来する語〕
( 名 )
およぶこと。とどく限り。 「これも心の-はいかでかおろかに侍らん/海人刈藻」
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

及びの関連キーワード水道毒物混入及び同致死罪外国通貨偽造及び行使罪営利目的略取及び誘拐罪所在国外移送目的誘拐罪所在国外移送目的略取罪御璽偽造及び不正使用罪阿片煙吸食場所提供罪信用毀損業務妨害罪営利目的略取誘拐罪外国通貨偽造行使罪未成年者略取誘拐罪水道毒物混入致死罪偽造外国通貨行使罪業務上堕胎致死傷罪建造物損壊致死傷罪通貨偽造及び行使罪汽車転覆等致死罪業務上堕胎致死罪業務上堕胎致傷罪御璽不正使用等罪

及びの関連情報