コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

友成安良 ともなり やすよし

2件 の用語解説(友成安良の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

友成安良 ともなり-やすよし

1820-1891 幕末-明治時代の造兵家。
文政3年生まれ。幕臣。安政3年幕府の講武所砲術教授方となる。第1次幕長戦争および戊辰(ぼしん)戦争の際に,兵器の製造,弾薬の供給を指揮した。維新後,陸軍省にはいり造兵権中令史(ごんのちゅうさかん)。明治24年10月死去。72歳。通称は郷右衛門。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

友成安良

没年:明治24.10(1891)
生年:文政3(1820)
幕末期の幕府造兵家。幕臣友成郷右衛門久周の子。通称郷右衛門。幕府大番頭,講武所砲術教授方。長州征討(1866)では芸州口の弾薬製造を指揮する。鳥羽伏見の戦(1868)に参加すべく桑名まできたところで戦闘が終わり江戸に引き返す。のち東北地方に転戦,箱館五稜郭に立て籠もり,兵器製造に従事。明治5(1872)年陸軍造兵権中令史。12年ごろ官を辞し,小樽(小樽市)で病没。

(鈴木淳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

友成安良の関連キーワード加藤光右衛門右衛門右衛門府造兵十筋右衛門幕臣右衛門督右衛門尉国久寺尾郷右衛門脇田赤峰

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone