友納 武人(読み)トモノウ タケト

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

友納 武人
トモノウ タケト


肩書
元・衆院議員(自民党),元・千葉県知事

生年月日
大正3年9月12日

出生地
広島県広島市

学歴
東京帝大法学部政治学科〔昭和12年〕卒

経歴
厚生省保険課長を経て、昭和26年千葉県副知事、38年県知事となり3選。東京湾を埋め立て京葉工業地帯の基礎を築き“開発大明神”の異名をとる一方、住民の反発を招き、川鉄公害訴訟が起きた。46年成田闘争のヤマ場となった土地収用に伴う強制代執行を指揮した。51年千葉4区から衆院議員に4選。安倍派。平成2年引退。

受賞
勲二等旭日重光章〔昭和59年〕

趣味
囲碁 将棋

没年月日
平成11年11月15日

家族
弟=友納 春樹(国際航業会長)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android